RECOMMEND
E-POP
E-POP (JUGEMレビュー »)
フェルディナン・リシャール&ディプロメイツ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

FMN SOUND FACTORY

<< phew、bikke、山本精一@shin-bi | main | JB東京へ行く2009 >>
ONJO
0
     翌日は京都芸術センター(なんとか、、以下同)でのONJO。

     これでしばらく活動休止というONJO。

     打ち上げの席で活動休止の理由を聞かれた大友さんの答えを隣で黙って聞いていたのだけど、だいたい考えていたとおりの理由だった。

     ONJOの活動休止はなんとなく想像していたのだ。

     その理由は、これは大友さんにも後で言ったけど、多分このまま続けても「ベストの再演」になってしまうような気がしていたこと。

     ベストの再演のどこが悪いかと言われたら悪くないとしか言えないのだけど、80年代のフリー・ミュージック(フリー・ジャズ)シーン(というものがあったとすれば)のことを思い出していたのだ。

     80年代、ヨーロッパのフリー・ミュージックの京都公演をかなりの数、主催していたことがあってその時に思ったことなのだけど。

     共演する日本人のミュージシャンも含め演奏はみんなだれも素晴らしかった。
     でも10年も続けているとどれも誰もその素晴らしい演奏の再演にしか聴こえなくなってしまったのだ。

     確かにすごいしかっこいいしおもしろいのだけど、「あれ?これって5年前の演奏とどう違う?あの時のあの人の演奏とどう違う?」と思って、最後の方は「ああ、この人達は紙芝居のおじさんみたいに自分の持ち芸で各地を回って食っているだけだ」としか思えなくなって急激に興味が無くなってしまった。

     実はフリー系のオーガナイザーは80年代と90年代ではがらっと変わってしまっている。80年代からずっとやっている人間は札幌の沼山さんと私くらいだと思う。

     自分の話で恐縮だけど90年代もやれていたのはジャズを全く知らなかったから出来たのだと思っている。ジャズを全く知らないフリー系のオーガナイザーは80年代では日本でただ一人。90年代もオーガナイズしていた理由がなぜそれかについてはまたいつか書きます。

     とにかく80年代末期には多分みんな(演奏する方もオーガナイズするほうも)それに気がついたのか、手を引く人、方向性を変える人がどんどん出てきた。

     演奏者からすると90年代に入って方向性を変えた人は未だにおもしろいし、逆にずっと同じベストの再演をしている人は、そりゃすごいかもしれんけどさ、つまらない。

     唯一例外はデレク・ベイリーくらいじゃないかったかな。同じことをやっているのにいつも革新的、こんな人は他には思い当たらない。

     ONJOは多分今の状態はベスト。ベストであると思ったのはNO PAでやりだし梅田君がゲストで入りだしたときから。

     梅田君の演奏はいつも「完成」することを周到に避けているように思える。それは自分の演奏がある固定したイメージにとらわれることを避けるだけでなく、その場で起きることを瞬時に把握してかつ展開するスケールの大きさもあるのだけど、そういう立場の非演奏家をオーケストラに加入させることは、下手したら単に「異物」としてしかとらえれないおそれがあったと思う。

     そんな梅田君の演奏が「異物」ではなくオーケストラの必要不可欠な一部として機能しているのを見て、(なんというか柔軟闊達といっていいのだろうか)恐ろしくスケールが大きくて尚かつまとまりのあるこのオーケストラはベストの状態であるのではないかと思ったのだ。

     今回も梅田君と同じく「異物」と見られがちな宇波君の演奏が梅田君とは別の意味で周到な、と言うよりも悪い言い方だけど狡猾なくらい考えられた演奏があのONJOに無くてはならないものだったこともその理由の一つだ。

     とにかく今のONJOがベストの状態であるのは間違いない。しかしベストを何回も繰り返してもいつかベストではなくなる。

     ベストは新しい展開があってこそのベストだと思うのだ。

     あくまで外からの印象だけど活動休止の理由の一つにそういうことがあるような気がしている。

     もちろんPA無しであの大人数で出来る場所の問題とかもあるだろうけど。

     とにかく新しいONJOを期待していよう。今のベストのONJOを越えるベストを見ることが出来ると思う。案外近い将来だったりして。
    | 近況 | 16:28 | comments(0) | - | - | - |